Ceremony Style Q&A -セレモニースタイルの「どうしたらいい?」を解決-

お子様の晴れの日は親にとっても大切な記念日。お子様の準備は万全だけど、いざ自分のことになると…。オシャレもしたいけれど、きちんとマナーも守りたい。セレモニースタイルのお悩みをQ&A方式で解決。

  • 2018. 10.15 (Mon)
Ceremony Style Q&A -セレモニースタイルの「どうしたらいい?」を解決-

Q1. 卒園・卒業式と入園・入学式のスーツは、別の服装を用意したほうがいいの?

A1. 一般的には、卒園・卒業式には黒・紺・グレーなどのシックなお色で、入園・入学式には明るいお色のものがふさわしいといわれています。入園・入学式のアクセサリーはコサージュやスカーフ、ネックレスをつけると式典にふさわしい華やかな雰囲気になるのでおすすめです。このように両方のスタイリングがあれば好ましいですが、スタイリングで差をつければ兼用でもOKです。ネイビーやツイードなど入卒兼用でお使いいただけるスーツやセットアップを揃えていただき、インナーやボトムスなどで変化をつけるのがオススメ。園や学校などの服装ルールがなければ、パンツスタイルでも問題ありません。

Q2. 卒園・卒業式と入園・入学式のタイツの色は?

A2. 卒園・卒業・入園・入学式は、お子様の成長を祝う席。不祝儀ではないので、ナチュラルなベージュのストッキングが基本です。

Q3. 卒園・卒業式と入園・入学式に着るアウターは?

A3. 卒園・卒業・入園・入学式の日に着るコートのおすすめは、トレンチコートやステンカラーコートのようなトラディショナルなものが好ましいです。カラーはベージュやネイビーなどが定番。

Q4. 卒園・卒業式と入園・入学式に持っていくと便利なものは?

A4. 卒園・卒業式と入園・入学式では資料や記念品など荷物が多くなる場合があるので。サブバッグを用意しておくと便利です。また、地域や天候によっては広い会場で肌寒いこともありますので、ひざ掛け用としてストールをおすすめします。脱いだ靴は自分で持って会場に入ることが多いので、室内履きは必ず持参しましょう。靴の入る大きめのビニール袋なども忘れずに。

Q5. お受験にふさわしい服装は?

A5. 主役はもちろんお子様ですが、お母さまの服装からも園や学校に対する志望校への想いを見て取れると言われています。一般的に服装は、濃紺色でオーソドックスなデザインが好まれます。濃紺のスーツであれば清楚さ・上品さ・清潔さ・高級感・知的なイメージを備えた装いが必要です。

Q6. 基本のお受験スーツとは?

A6. お受験では、パンツスーツではなくスカートスーツもしくはワンピーススーツの方が望ましいです。その際、丈の長さに注意が必要です。学校説明会や面接の際には椅子に座る機会が多く、膝が丸見えにならない長さのものを選びましょう。

Q7. 保護者会や授業参観に着ていく服装は?

A7. 基本的に服装は自由ですが、初めての保護者会や授業参観は最初の印象が肝心です。学校のドレスコードに合う「きちんと感」が必要となります。親しみやすいセットアップのスタイリングやワンピ-スなどが好ましいでしょう。少しトレンドを意識したアイテムを取り入れたり、アクセサリ-類で変化をつけるなど工夫もおすすめです。