【2020春】卒園式・卒業式/ブラックスタイルを「着回す」「着こなす」

卒園式・卒業式のママスーツとして選んだ後にも、着回せるブラックスタイルをお手頃のプライスでご紹介いたします。スーツタイルのブラックから格式のあるブラックフォーマル(喪服・礼服)まで。

  • 2020. 01.09 (Thu)
【2020春】卒園式・卒業式/ブラックスタイルを「着回す」「着こなす」

卒園式や卒業式だけじゃない!?
「それから」をみこして選ぶスーツ



卒園式・卒業式でのママ(母)の装いが、地域によっては「ブラックフォーマル・ブラックスタイルで」という決まり事がありますよね。
その為に、高いブラックフォーマル(喪服・礼服)を購入する方もおみえになります。
ただその後、いつ着る機会があるのかも分からないし、着回す事も難しいのがブラックフォーマル(喪服・礼服)です。
かといって、数年保管していても、女性の体型は年々変わっていくので着用出来ない!!なんてことも…。

今回は、着回せるブラックスタイルをお手頃の価格でご紹介いたします。
ビジネス・オフィスで着用出来るレディーススーツから、ブラックフォーマル(喪服・礼服)としての格式のあるタイプまで、ママの立場や環境でお選び頂けます。



MENU







何にでも「トレンド(時代の流れ)」があるように、葬儀のあり方にも変化が生まれてきています。
特徴としては、「自由な葬儀」を行う人が増加してきているという事。
今までは、お通夜・葬儀・火葬と多くの人に参列をしてもらうのが一般的な葬儀のスタイルですが、最近では一日葬や直葬、家族葬といった葬儀を簡略する方も増えています。

葬儀のあり方が変わっていく中で、参列する為の装いとして用いられる「ブラックフォーマル(喪服・礼服)」は、何が良いのか?今までの服装・装い・マナーと変わらないのか?そんな疑問も生まれますよね。

TISSEでは変わりゆく葬儀と共に、着用するブラックフォーマル(喪服・礼服)にも時代性を加味したウエアをご提案しています。

AND BLACK
着用シーンを2つ以上持つ、着回し出来るレディーススーツ。
そしてもう一つのシーンは、フォーマルシーンであること。




































TISSEのブラックフォーマル(喪服・礼服)は、スーツのトレンドを加味した「軽さのあるデザイン」が特徴です。
コサージュやフォーマルバッグを合わせることで、卒園式・卒業式のセレモニーシーンのママの装い、ブラックスタイルとしても着回せます。
もちろん、ブラックフォーマル(喪服・礼服)としても、きちんと感ある印象で着用頂けます。